血統

重賞展望

菊花賞2019 サンデー系+底力のある血統が優位!カギは継続騎乗!!

牡馬クラシック三冠の最後のレース・菊花賞(GⅠ)。3歳馬には過酷な京都芝3000mという距離で行われるため、過去10年の3連単の平均は約15万円と荒れるレースとなっています。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から
重賞展望

セントウルステーク2019 サンデー系が不振!カギは若い馬と継続騎乗!!

サマースプリントシリーズの最終戦にしてスプリンターズステークス(GⅠ)のステップレースでもある産経賞セントウルステークス(GⅡ)。上位人気と下位人気が馬券に絡み中荒れになることが多い重賞としても知られています。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向からセントウルステークスの優勝馬候補を紹介します。
重賞展望

新潟記念2019 父サンデー系と母父ノーザンダンサー系が好調!!

サマー2000シリーズの最終戦となる農林水産省賞典新潟記念(GⅢ)。ハンデ戦ということもあり、過去10年で3連単が7回も10万円以上になるなど荒れる重賞としても知られています。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から新潟記念の優勝馬候補を紹介します。
重賞展望

中京記念2019 荒れるハンデ重賞は馬格があるサンデー系が好調!

サマーマイルシリーズの開幕戦となる中京記念(GⅢ)。過去7年間の3連単の平均が20万円を超えるなど、荒れるハンデ重賞として知られています。2019年の優勝はどの馬か、過去7年の血統面、データ傾向から函館記念の優勝馬候補を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました