競馬予想

重賞展望

東海S2020 5歳馬が好調!血統免はアフリート内包馬が過去に激走も!?

◆過去10年の血統傾向ダート1800mで行われますが、本来ダート戦が苦手なはずのサンデーサイレンス系が4勝するなど好調です。ネオユニヴァース、ステイゴールド、ゴールドアリュール、マンハッタンカフェが1勝ずつしています。
重賞展望

日経新春杯2020 4歳のキンカメ&サンデーサイレンス系が好調!!

京都芝2400mということで、キングカメハメハとサンデーサイレンス系が強いレースです。キングカメハメハ産駒はのべ12頭が出走し勝ち馬は4頭と好成績を残しています。今回はレッドジェニアルが登録しています。
重賞展望

シンザン記念2020 サンデー系が好調!最近はロードカナロアも!!

やはり3歳のマイル戦ということで、父も母父もサンデーサイレンス系が目立ちます。父サンデー系は過去10年で6勝、母父サンデー系は3勝を挙げています。サンデー系の特徴は早熟でスピードとキレがあるため、このレースと相性がいいのかもしれません。
重賞展望

京都金杯2020 内枠有利!スタミナがある種牡馬の産駒が好調!!

中山金杯とともに、新しい年の開幕を飾る重賞として施行される京都金杯(GⅢ)。ハンデ重賞ですが、過去10年の3連単の平均は10万円以下と意外と荒れない重賞となっています。2020年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から京都金杯の優勝馬候補を紹介します。
重賞展望

ホープフルステークス2019 スタミナ系種牡馬でRoberto内包が好調!

GⅠに昇格してからは3年目となるホープフルステークス(GⅠ)。過去にはナリタタイシン、アグネスタキオン、レイデオロが優勝するなど出世レースとして知られています。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向からホープフルステークスの優勝馬候補
重賞展望

有馬記念2019 サンデー系と若い馬が好調!特に3歳馬は勝率16.7%!

秋古馬三冠の最終戦・有馬記念(GⅠ)。今年もGⅠ馬が多数登録し、しかもこのレースで引退を表明している馬も多数参戦しています。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から有馬記念の優勝馬候補を紹介します。
重賞展望

朝日杯FS2019 ディープが好調!人気のあの馬は血統面で不安が…

2歳牡馬のマイル路線のチャンピオンを決める朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)。今回はサリオス、レッドベルジュール、タイセイビジョンの3強の様相となっています。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から
重賞展望

チャンピオンズカップ2019 Vice Regent系を内包している馬が好調!

各世代のダートのトップホースが揃うチャンピオンズカップ(GⅠ)。過去10年の3連単の平均が10万円を超えるなど、荒れる重賞としても知られています。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向からチャンピオンズカップの優勝馬候補を紹介します。
重賞展望

ジャパンカップ2019 サンデー系かキングマンボ系の若い馬が中心!!

「世界に通用する強い馬づくり」を目指し創設されたジャパンカップ(GⅠ)。しかし今回は創設以来初めて外国からの参戦がなく、日本馬のみのレースとなりました。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向からジャパンカップの優勝馬候補を紹介します。
重賞展望

マイルCS2019 ディープ以外のサンデー系は不振!ND系が好調!?

秋のマイル路線の頂上決戦であるマイルチャンピオンシップ(GⅠ)。今年はダノンキングリーとダノンプレミアムの2強対決の様相となっており、そこに割って入る馬がいるかどうかが注目されています。
タイトルとURLをコピーしました