日刊スポーツ賞中山金杯

重賞展望

京都金杯2020 内枠有利!スタミナがある種牡馬の産駒が好調!!

中山金杯とともに、新しい年の開幕を飾る重賞として施行される京都金杯(GⅢ)。ハンデ重賞ですが、過去10年の3連単の平均は10万円以下と意外と荒れない重賞となっています。2020年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から京都金杯の優勝馬候補を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました