新潟記念2019 父サンデー系と母父ノーザンダンサー系が好調!!

niigatakinen 重賞展望

今日のおみくじクリック馬

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

サマー2000シリーズの最終戦となる農林水産省賞典新潟記念(GⅢ)。

ハンデ戦ということもあり、過去10年で3連単が7回も10万円以上になるなど荒れる重賞としても知られています。

2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から新潟記念の優勝馬候補を紹介します。

◆過去10年の血統傾向
左回りで長い直線の芝2000mということで、サンデーサイレンス系が強いレースです。
ディープインパクトが3勝、スペシャルウィークが2勝など、サンデー系が7勝を挙げています。

ただ、上位人気で優勝する馬はディープのみで、他のサンデー系は5~10番人気に支持された中穴の馬が中心です。

ディープを買う場合は上位人気から、他のサンデー系を買う場合は中穴くらいと狙いを分ける作戦がいいかもしれません。

母父はノーザンダンサー系が好調です。
母父ペンタイアが2勝、Singspiel(シングスピール)が2勝など、計7勝を挙げています。

新潟は最後の直線が650m以上もあるため、タフさがあることで有名なノーザンダンサー系が合うのかもしれません。
今回は、アクート、アドマイヤアルバ、カデナ、クラウンディバイダの4頭が登録しています。

母父サンデーサイレンス系は不調です。
のべ33頭が出走し勝ち馬はなし、3着も3頭のみとなっています。

今回は、カヴァル、コズミックフォース、ダイワキャグニー、ユーキャンスマイルの4頭が登録しています。

◆過去10年のデータ傾向
過去10年のデータ傾向で特徴的なものがあります。
社台ファーム生産馬は不調、前走10着以下は不調、前走福島・新潟組は不調、前走小倉記念組の取捨、の4つです。

社台ファーム生産馬は不調です。
のべ25頭が出走し勝ち馬はなし、馬券圏内も3頭のみとなっています。

過去には2011年のタッチミーノット、2012年のトーセンラー、2015年のミュゼスルタンが1番人気に支持されましたが、いずれも馬券圏内にも入れませんでした。

前走10着以下は不調です。
のべ38頭が出走し勝ち馬はなし、馬券圏内も4頭のみとなっています。
新潟記念はハンデ重賞ですが、あきらかに実力が落ちる馬は厳しいようです。

前走福島・新潟組は不調です。
のべ60頭が出走し勝ち馬はなし、馬券圏内も8頭のみとなっています。

今回は、アクート、クラウンディバイダ、コズミックフォース、ゴールドサーベラス、サトノキングダム、ダッシングブレイズ、ブラックスピネルの7頭が登録しています。

前走小倉記念組は新潟記念で6勝していますが、その取捨が重要です。
小倉記念で逃げ先行して粘った馬よりも、中団後方で脚を溜めて速い上がりを繰り出したものの、差し届かなかった馬が新潟記念では好走しています。
今回はカデナがそのパターンに該当します。

◆血統面、データ面からの推奨馬
では、血統面、データ面からの推奨馬を紹介します。

まずはカデナを推奨します。
父はこのレース好走するディープインパクト産駒ですし、母父もノーザンダンサー系のFrench Deputy(フレンチデピュティ)です。
データ面でも合致し、しかも近走は好走が目立つので期待できます。

niigatakinen

次にアクートを推奨します。
父はこのレースで好走するサンデー系のステイゴールドですし、母父もノーザンダンサー系のクロフネです。
データ傾向と賞金の面で不安ですが、前走は同じコースで上がり3ハロン32.9秒の決め手を使っているので期待できます。

最後にレイエンダを推奨します。
ダービー馬・レイデオロの全弟なので底力に期待できます。

 

keijirou-chihoukeiba

※クリックして『友達追加』で情報がLINEに届きます。


競馬ランキング

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました