菊花賞2019 サンデー系+底力のある血統が優位!カギは継続騎乗!!

kikkashou 重賞展望

今日のおみくじクリック馬

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

牡馬クラシック三冠の最後のレース・菊花賞(GⅠ)。
3歳馬には過酷な京都芝3000mという距離で行われるため、過去10年の3連単の平均は約15万円と荒れるレースとなっています。

2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から菊花賞の優勝馬候補を紹介します。

◆過去10年の血統傾向
近年は京都芝コースが高速馬場化しているためか、過去10年の勝ち馬のうち7頭がサンデーサイレンス系となっています。
特にここ4年は父も母父もディープインパクトの好走が目立ちます。

2016年と2018年はディープ産駒のサトノダイヤモンドとフィエールマンが、2017年は母父ディープのキセキが優勝しました。

今回のディープやディープ系種牡馬の産駒は、上位人気が予想されるサトノルークスやワールドプレミアなど6頭が登録しています。

5代血統表内にRoberto(ロベルト)、Sadler’s Wells(サドラーズウェルズ)、トニービンを内包している馬の好走が目立ちます。

2009年に優勝したスリーロールス、2012年のゴールドシップなどがRobertoを内包。
今回はナイママが登録しています。

2013年に優勝したエピファネイア、2015年の3着馬リアファルなどがSadler’s Wellsを内包。
今回はサトノルークス、ザダル、ディバインフォース、メイショウテンゲン、メロディーレーン、ユニコーンライオンの6頭が登録しています。

2017年に優勝したキセキ、2011年の2着馬ウインバリアシオンなどがトニービンを内包。
今回は上位人気が予想されるヴェロックスやヒシゲッコウなど9頭が登録しています。

◆過去10年のデータ傾向
過去10年のデータ傾向で特徴的なものがあります。
内枠有利、栗東所属馬が好調、騎手の継続騎乗が好調、勝ち馬はすべて前走3着以内、の4つです。

内枠有利です。
過去10年の勝ち馬のうち6頭が馬番4番より内枠からとなっています。
2015年に優勝したキタサンブラックも馬番4番でした。

栗東所属馬が好調です。
過去10年の美浦所属馬の勝ち馬は1頭で勝率2.1%なのに対し、栗東所属馬は9頭で勝率6.8%となっています。

騎手の継続騎乗が好調です。
過去10年の乗り替りの勝ち馬は1頭で勝率1.8%なのに対し、継続騎乗は9頭で勝率7.3%となっています。
上位人気が予想されるニシノデイジーやヒシゲッコウは乗り替りと想定されているので不安ですね。

過去10年の勝ち馬はすべて前走3着以内です。
前走4着以下に敗れた馬は本番で馬券に絡むことも難しいので、馬券の組み立ては前走3着以内からの方が良いかもしれません。

◆血統面、データ面からの推奨馬
では、血統面、データ面からの推奨馬を紹介します。

まずはヴェロックスを推奨します。
血統は、父はサンデーサイレンス系のジャスタウェイですし、トニービンも内包しているので評価できます。
しかもデータ面でもすべてマッチしているので信頼度は高いでしょう。

次にワールドプレミアを推奨します。
父はサンデー系のディープインパクト産駒ですし、全兄に皐月賞2着のワールドエースがいるように底力があります。
データ面でもすべてマッチしているので期待できるでしょう。

kikkashou

最後にザダルを推奨します。
父はディープインパクト系で菊花賞で3着に入ったトーセンラーですし、Sadler’s Wellsも内包しているので評価できます。
美浦所属馬なのが不安ですが、他のデータ傾向とはマッチしているので一発があるかもしれません。

 

keijirou-chihoukeiba

※クリックして『友達追加』で情報がLINEに届きます。


競馬ランキング

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました