朝日杯FS2019 ディープが好調!人気のあの馬は血統面で不安が…

asahifuturitystakes 重賞展望

今日のおみくじクリック馬

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

2歳牡馬のマイル路線のチャンピオンを決める朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)。
今回はサリオス、レッドベルジュール、タイセイビジョンの3強の様相となっています。

2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から朝日杯フューチュリティステークスの優勝馬候補を紹介します。

   ◆過去10年の血統傾向
阪神芝のマイル戦ということでディープインパクト産駒が得意なレースです。
過去10年で9頭が出走し、勝ち馬は3頭、2着1頭、3着2頭と抜群の成績を残しています。

特に前走よりも馬体重を増やした馬が3勝しているので、今回は唯一のディープ産駒であるレッドベルジュールの馬体重に注目したいですね。

あと、今回は父の父がディープインパクトの産駒が3頭登録しており、ディープと同じ傾向かどうか注意が必要です。

ディープ以外のサンデーサイレンス系は苦手な傾向となっています。
64頭が出走し勝ち馬は1頭のみです。
今回は、クリノプレミアム、サリオス、ペールエールの3頭が登録しています。

母系に2歳戦と短距離に強いDanzig(ダンジグ)系の血を内包している馬の好走が目立ちます。
2016年に6番人気で優勝したサトノアレスや、2014年に14番人気で2着に入ったアルマワイオリもDanzig系を内包していました。
今回は、エグレムニ、サリオスの2頭が登録しています。

   ◆過去10年のデータ傾向
過去10年のデータ傾向で特徴的なものがあります。
キャリア3戦以内が好調、前走1着が好調、前走上がり3ハロン3位以内が好調、距離延長組は不調、の4つです。

このレースまでのキャリア3戦以内が好調です。
過去10年の勝ち馬のうち8頭がキャリア3戦以内となっています。
まだ2歳なので、あまり消耗している馬は厳しいようです。

前走1着が好調です。
過去10年の勝ち馬のすべてが前走1着でした。
どうやら前走敗退からの巻き返しは厳しいようです。

前走上がり3ハロン3位以内が好調です。
過去10年の勝ち馬のうち8頭が上がり3位以内となっています。
阪神芝1600mの最後の直線の距離が473.6mと長いので決め手がないと厳しいようです。

距離延長組は不調です。
77頭が出走し勝ち馬は1頭のみ、勝率は1.3%となっています。
阪神競馬場の芝コースは最後の直線に急坂があるため、ある程度のスタミナがないと厳しいようです。

   ◆血統面、データ面からの推奨馬
では、血統面、データ面からの推奨馬を紹介します。

まずはレッドベルジュールを推奨します。
ディープインパクト産駒なので血統面で評価できます。
データ傾向でもすべてマッチしているので、このメンバーの中でも評価は最上位です。

asahifuturitystakes

次にエグレムニを推奨します。
血統面では母系にDanzig系を内包しているので評価できます。
データ傾向では距離延長なのが不安ですが、レースが上手いので期待できるかもしれません。

最後にサリオスを推奨します。
血統面ではサンデー系のハーツクライ産駒なので不安ですが、母系にDanzig系を内包しているので走るかもしれません。

 

keijirou-chihoukeiba

※クリックして『友達追加』で情報がLINEに届きます。


競馬ランキング

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました