重賞展望

重賞展望

ジャパンカップ2019 サンデー系かキングマンボ系の若い馬が中心!!

「世界に通用する強い馬づくり」を目指し創設されたジャパンカップ(GⅠ)。しかし今回は創設以来初めて外国からの参戦がなく、日本馬のみのレースとなりました。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向からジャパンカップの優勝馬候補を紹介します。
重賞展望

マイルCS2019 ディープ以外のサンデー系は不振!ND系が好調!?

秋のマイル路線の頂上決戦であるマイルチャンピオンシップ(GⅠ)。今年はダノンキングリーとダノンプレミアムの2強対決の様相となっており、そこに割って入る馬がいるかどうかが注目されています。
重賞展望

エリザベス女王杯2019 母父サンデー系が大不振!今年はサドラー系内包か?

古馬牝馬と3歳牝馬の頂上決戦となるエリザベス女王杯(GⅠ)。今回はアーモンドアイやリスグラシューなどが不在ですが、それでも一線級の牝馬が集まりました。 2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向からエリザベス女王杯の優勝馬候補を紹介します。
重賞展望

アルゼンチン共和国杯2019 狙いはノーザンテースト内包馬!?

東京芝2500mという中途半端な距離で行われるハンデ重賞・アルゼンチン共和国杯(GⅡ)。過去にはスワーヴリチャード、シュヴァルグラン、ゴールドアクターなどがこのレースを優勝したのちにGⅠレースを優勝するなど、出世レースとしても知られています
重賞展望

天皇賞秋(秋)2019 ディープの勝率は2.9%!?社台系が好調!!

JRA秋古馬三冠の初戦・天皇賞秋(秋)。アーモンドアイやサートゥルナーリアなどGⅠ馬が10頭も登録しているように、超豪華メンバーが終結しました。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から天皇賞秋(秋)の優勝馬候補を紹介
重賞展望

菊花賞2019 サンデー系+底力のある血統が優位!カギは継続騎乗!!

牡馬クラシック三冠の最後のレース・菊花賞(GⅠ)。3歳馬には過酷な京都芝3000mという距離で行われるため、過去10年の3連単の平均は約15万円と荒れるレースとなっています。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から
重賞展望

秋華賞2019 3番人気以内のサンデー系とキングマンボ系が好調!!

3歳牝馬三冠の最後のレースとなる秋華賞(GⅠ)。過去10年で10万円台以上が1回しかないなど、かたい決着が多いレースとなっています。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向から秋華賞の優勝馬候補を紹介します。
重賞展望

京都大賞典2019 ディープとキンカメが好調!美浦の馬は危険!?

天皇賞・秋(GⅠ)のステップレースにして、有力馬の秋の始動戦になることも多い京都大賞典(GⅡ)。3連単が360万円になることもあれば、3,800円になることもあるなど、配当が極端になる重賞です。2019年の優勝はどの馬か
重賞展望

スプリンターズS2019 過去の好走馬は継続騎乗の非サンデー系から!!

秋のGⅠシリーズの開幕となるスプリンターズステークス(GⅠ)。過去10年の3連単の平均が約14万円と荒れる重賞としても知られています。2019年の優勝はどの馬か、過去10年の血統面、データ傾向からスプリンターズステークスの優勝馬候補を紹介
重賞展望

オールカマー2019 サンデー系は苦手!?カギは継続騎乗の馬!!

有力馬の秋の始動戦になることが多い産経賞オールカマー(GⅡ)。過去10年で3連単が4回も千円台になるなど、比較的かたい決着が多い重賞となっています。
タイトルとURLをコピーしました